月例山行報告

2013/4/20

根子岳

【山行日】2013年4月20日(土)
【天気】 晴れのち雨
【メンバー】12名(JIN・こんま・Aoi-tori・senzan-gogo・Yone・pupu・ナベウドン・とし・Sato・Tomo・ガッツ・いまもん)
【ルート・コースタイム】
5:00 下松 − 9:20 根子岳登山口(牧場倉庫)− 9:35 根子岳登山口初(大戸尾根ルート)− 10:35 休憩 − 11:15 登頂 − 11:25 下山 − 12:50 根子岳登山口着 − 高森温泉 − 21:15 下松

昼から雨予報のため、到着後すぐに行動を開始。この度は12名での山行となった。
スタート地点の牧場には翁草がところどころに咲いていた。牛糞もたくさん発見出来た。
花が落ちた後のひげの様な姿が翁(おじいさん)に似ている事からそう呼ばれているそうだ。思ったよりもかわいらしい。
牧場の糞を避けながら山へ入る。まだ空も明るく、このまま雨が降らなければいいのだが。
この度、東峰へは大戸尾根ルートを選択した。比較的登りやすい道ではあったが、途中朽ちたはしごを登り、土砂崩れのそばを通る様な場所もあった。土砂崩れを間近に見ると、その威力、範囲に自然災害の脅威を感じる。
山頂に着く頃には予報どおり雨となっていた。山頂で合羽を着ると、記念撮影、そして急いで下山。雨が降ると、景色もなにもない。しかしこれも山行、自然は言う事を聞いてくれない。下りの道は雨でズルズル、登りより時間が掛かる。無事下山すると近くの高森温泉へ向かう。気温が下がり、雨も強くなってきた。
快適な温泉で疲れを癒し休憩室で遅めの昼食。「地鶏で一杯」といきたがったが、そういう訳にもいかず、帰路に着く。
帰りの高速道路で事故渋滞に巻き込まれ、これまた帰りに時間を要す。運転手の方々大変お疲れ様でした。
この度の山行では根子岳からの眺めを楽しむ事は出来なかったが、次回また来るための理由が出来た。山行はとてもいいもの。しかし、その日だけ雨とは・・・img_20130427-082417.jpg
5/12

プロフィール画像
ニックネーム
TAKE
性別
現住所
下松のチョモランマ
自己紹介
周南山岳会事務局及び管理人
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数