月例山行報告

2013/7/25〜28

立山・剣岳

img_20130805-073624.jpg
参加者(8名)
JIN、Tomo、JO、Yone、pupu、ナベウドン、ポンちゃん、よーすけ
……………………………………………
7/25(木)
20:00下松発→
……………………………………………
7/26(金)晴れのち曇り時々雨
6:30扇沢7:30―(立山黒部アルペンルート)―9:10室堂(2445m)9:40 → 一ノ越山荘(2700m)10:35 →11:40雄山(3003m)11:50 →大汝休憩所12:15 → 12:30富士の折立12:43 → 15:10剱沢CP(2520m)(テント設営)(19:30就寝)
……………………………………………
7/27(土)晴れたり曇ったり時々少雨のち雨
(4:30 起床)剱沢CP5:45 → 剣山荘6:15 →9:10剱岳(2999m)9:35→11:05前剱(2813m)11:10→12:25 剣山荘12:38 →13:10剱沢CP(19:15就寝)
……………………………………………
7/28(日)晴れ時に少雨あり
(3:00 起床)剱沢CP4:35 →5:23剱御前小舎5:28→7:00雷鳥沢ヒュッテ7:05→7:50室堂8:15―(立山黒部アルペンルート)―10:20扇沢10:35→(大町温泉・昼食)→13:30 梓川SA 13:55→ 23:40 下松着


img_20130805-073656.jpg
7/26(金)
周南山岳会としては昨年の八ヶ岳に続く2回目の夏合宿。今回は立山・剣岳へ。天気は良い。下界では猛暑が続いているが、登山開始地点となる室堂は標高2445m。空気は冷たく少し寒いくらい。あちらこちらに雪渓が拡がっている。登山客も観光客もここで記念撮影などして多くの人でにぎわっている。我々も記念撮影し、各自、行動食摂取や水場での水分補充などの準備をし、登山開始!しばらくはよく整備された石畳の遊歩道を歩く。山々の素晴らしい景色の中を歩いていくと、やがて傾斜がきつくなってくる。周囲にも岩石が増えて、荒々しい光景に変わる。一の越山荘から先は、一段と急な坂になる。石がゴロゴロしていて登りづらくなる。人も多いので、落石に注意しながら登っていく。しばらく登ると傾斜が少し落ち着いてきたので、辺りの景色を楽しみながら進んでいく。登り切った先に神社の社務所が見えてくる。立山のシンボル、雄山山頂。ここも多くの人でにぎわっている。室堂〜雄山間は人気ルートで非常に多くの人でごった返していた。富山の小学6年生はここに遠足に来るのが定番らしく、集団で歩いている小学生達を何組も見かけた。大汝への縦走路に入ると人もまばらになる。富士の折立手前まで歩いた時、雷鳥発見。皆でカメラを向けるがなかなかうまく納まってくれない。でも間近に見ることができ感激。富士の折立で休憩していると、少し雲行きが怪しくなってきた。内蔵助カール上の稜線を歩いていると、冷たい風が吹いてくる。時計はすでに13:00をまわっている。早く剱沢に到着したいので、バイパスしながら歩を進める。剱沢を見下ろせる所まで来た時、少し雨が降り始め、合羽の上を着るが、すぐに持ち直す。剱岳もよく見えてきた。岩峰が大きく聳えている。やはり迫力がある。明日はあそこに登れるのだろうか。再び、少し雨が降り始める中、剱沢のテン場に到着。テントは50張はあるだろうか。テント設営。雨がひどくなり、テントでしのぐ。15分ほどで雨はやみ、食事の準備。米から炊いたご飯はバッチリで、カレーも絶品だった。

img_20130805-073712.jpg
7/27(土)
4:00起床の予定だったが、寝過ごす人多数、4:30の起床となる。天候は良さそう。急いで準備に取りかかる。しかし、山の天気は変わりやすい。雨が降り始める。今日は本当に登れるのだろうかと不安になる。朝食をすませ、準備を整える。テントは残し、携行する荷物も必要最小限とする。雨が少し降る中、剱岳目指していざ出発!剣山荘を過ぎる頃には雨はあがった。前剱へ登る途中にはブロッケン現象をみることができた。カメラを出しているうちにあっという間に消えてしまう。この後もガスったり晴れたりを繰り返す。周囲の景色はますます険しくなっていく。危険な鎖場が次々現れる。登りの最初の難所は5番鎖。急峻な岸壁をトラバースしなければならない。実際に歩いてみると十分に足の置き場があるので、見た目ほどの危険度はない。しばらく稜線を進んだ後、次なる難所、平蔵の頭を登って下る。そして有名なカニのたてばい(9番鎖)。しっかりとした鎖や鉄パイプが設置されているが、なかなかの高度感。手がかり足がかりは十分にあるので、鎖に頼り過ぎない方が安定して登ることができる。こうして急な岸壁をクリアした後は、やや傾斜が落ち着く。さらにガレ場を山頂目指して歩く。そしていよいよ剱岳山頂!メンバーそれぞれがJIN会長と喜びの握手!嬉しい!皆で記念撮影。剱岳山頂は思っていたより広く、30〜40人以上の人が休憩していた。残念ながらガスっていたため、山頂からの景色はあまり見えなかった。山頂に30分弱滞在して、下山開始。下山ルートにも難所があり、有名なカニのよこばいでは少し渋滞していた。前剱から下山している時、登る時にブロッケン現象を見た場所と同じ所で、今度は虹を見ることができた。下山して、剱沢キャンプ場まであと20分くらいの所で、雨が降り始める。雷鳴も近くなったため、JIN会長の指示で5m間隔をとって歩く。テン場に到着しても雨は止むどころが強まるばかり。ツェルトを2つ出し、2手に分かれて、ビバーク体験。初めての体験ができ勉強になった。15分以上経っても雨はやまず、テントへ移動。結局、強い雨が6時間以上降り続いた。我々より後に、まだ大勢が山に残っていたが、皆無事だろうかと心配になるほどだった。テント内とテント前室で食事準備、テント内で食事を摂った。


7/28(日)
当初の予定では、前日のうちに雷鳥沢キャンプ場まで移動して、最終日(3日目)の移動を楽にするはずだったが、昨日の大雨で雷鳥沢への移動を断念したため、3:00起床での行動となった。雨はほとんどやんでいる。朝食、準備、テント撤収し、出発。剱御前小舎まで来れば、後は下り。合羽を着たら雨がやむ、合羽を脱いだら雨が降り出す、再び合羽を着た途端雨がやむ、ということもありながら、皆順調に歩き、雷鳥沢キャンプ場通過。剱沢より平らな所が多いが、水はけはこちらの方が悪そう。剱沢に2泊で正解だったか・・・。7:50、予定通り無事に室堂に到着。
室堂〜扇沢のアルペンルートの行程も、見所は多く、観光としても十分に楽しむことができた。

……………………………………………

昨年の八ヶ岳も楽しかったが、今回の山行も達成感があり、楽しかった。体力面・技術面とも今回の方がグレードアップしたものであったが、参加メンバーは、それぞれトレーニングその他の準備が良かったのであろう、想定時間内で皆が完歩することができた。
7/12

プロフィール画像
ニックネーム
TAKE
性別
現住所
下松のチョモランマ
自己紹介
周南山岳会事務局及び管理人
アクセス数
ページビュー数